<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
SEARCH
OTHERS
<< 温暖化、是か非か | main | エコなんじゃないかな >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
長嶋引退の本当の理由
 ミスタージャイアンツ・長嶋茂雄が引退したのはずいぶん前のことでした。確か、昭和40年代の終わりころでしたから三十年は経っています。
「・・今ここに自らの体力の限界を知るにいたり、引退を決意いたしました」と、引退の挨拶で語っていましたんで、なんだか月並みでつまんない理由だなあと思いつつ、長嶋も人の子、やはり体力の限界というのがあるんだなあ、と三十数年間そのまま受け止めていましたのですが、つい先頃、引退するに至った本当の理由を知りました。
 長嶋は、引退を表明する前、さる親しい野球関係者に「若い頃はボテボテの当たりでもヒットにしてきたものです。それが最近は、いい当たりが野手の正面をつくようになりました。そろそろ潮時かと思うのです」と、漏らしていたのだそうです。さすが、長嶋です。この話を聞きまして、長年私めの心の中でもやもやとしていたことの一つが氷解しました。迷宮入りになりそうだったことが解決するのは気持ちがよいものです。
 
  
| - | 10:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 10:55 | - | - |
コメントする









http://kinsho.jugem.jp/trackback/699
トラックバック

月刊「近代将棋」編集日記